Column コラム

28 February 2018

Rosemontイメージ写真 撮影現場レポ

Rosemont

 

 ただいま Rosemont 制作チームは、カタログや店頭ディスプレイを飾る新しいキービジュアルを制作中です!今回のコラム記事では、普段はなかなかご紹介することができない撮影現場をレポートいたします。皆さまをもっとわくわくさせる、2018年の新しいビジュアルは近日公開予定。ぜひお楽しみに!
 

時計も撮影仕様に。時計が一番美しく見える時刻とは?

 ご存知の方も多いと思いますが、時計の写真撮影をする際、その時計は “10時10分” 前後で針を止めて撮影に使われます。左右対称に見える “10時10分” 位置は時計の美しさを際立たせてくれ、かつ文字盤のブランドロゴや他の要素を邪魔しないベストな針の位置なんです。ブランドや時計の文字盤デザインによって異なることもありますが、ほとんどの時計ビジュアルはこの針位置。もしお持ちの時計を撮影する機会があれば、この “10時10分” 位置を気にして撮ってみるとプロっぽく仕上がるのでおすすめです♪

 Rosemont も同じように “10時10分” 前後で針を止めて撮影します。小ぶりな Rosemont Collection のモデルは、インデックスの繊細なディテイルに分針が重ならないよう “10時8分” 位置にして撮影することが多いですね。同じ理由で秒針もインデックスを邪魔しないベストな位置で止めます。今回撮影に使用したモデルもそれぞれ一番美しい針の位置で針を止めて撮影現場へ持ち込みました!

 

それぞれの時計イメージに合わせてメイクとスタイリング

 今回撮影したのは Rosemont Nostalgia Collection と Rosemont Collection の時計たち。それぞれの雰囲気やカラーリングに合わせて、カットごとにヘアメイクやスタイリングを変更します。

 「この時計にはこのベルトが合うんじゃないか」「いやこの服に合わせてこのカラーリングで固めた方が時計が映える!」なんて、ああでもない、こうでもないと企画段階から何時間もかけて考え抜いた組み合わせがようやく形になる瞬間は、何回体験しても心が踊ります。でもそんなに時間をかけて考えた構成でも、「やっぱりこっちの方が綺麗!」と撮影中にベルトカラーを変更することも。Rosemontスタッフやアートディレクターさん、カメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、アシスタントスタッフさん、何人ものメンバーが『より良いもの』を作り上げるために積極的に意見を出し合います。

 スイスをはじめ、世界各国で愛用されている Rosemont。それぞれの国ごとに人気のモデルやカラーが違うため、スイス本社のディレクションのもと各国でブランディングとビジュアル制作が進められます。今回日本で撮影したビジュアルは、アンティーク調のデザインの美しさを伝えつつ、現代の日本人女性の生き方に寄り添う、洗練された上品さを表現したもの。今までになかった新しい Rosemont の世界観をご提案します。

 2018年に新しくコレクションに加わるモデルは、どれも魅力たっぷりなものばかり。Rosemont Collection、Rosemont Nostalgia Collection、Rosemont Back In Time Collection、3つのコレクションに新作が登場予定です。この記事でご紹介できないのが残念ですが、どのモデルも近日中に日本国内で発売開始となります!

 

2018年の新ビジュアルはこの春公開予定!

 今回撮影した新しいビジュアルはこの春に公開予定です!新製品の魅力や、人気モデルの新しいスタイル、そして私たち現場スタッフのわくわく感をばっちりお伝えできる『心躍る』ビジュアルを早く披露したくて待ちきれません!お楽しみに♪

ギャラリー
おすすめ
  • N010-YW BBK

    二カ国時刻表示モデルながら、すっきりとした女性らしいシルエットで上品な手もとを演出します。

    N010-YW BBK

    詳細はこちら
  • N008-SWR EGY

    大き過ぎず小さ過ぎない直径28mmの絶妙なサイズ感とクラシカルな文字盤が魅力のモデルです。

    N008-SWR EGY

    詳細はこちら
  • N011-SWA MT1

    きちんと感を演出するスクエアタイプの人気モデル。メッシュベルトとの相性は抜群です。

    N011-SWA MT1

    詳細はこちら
  • N002-YW CBE

    メンズライクでありながら可愛らしさも兼ね備えたN002シリーズはどんなスタイルにもマッチ。

    N002-YW CBE

    詳細はこちら
一覧へ戻る
Page Top