Column コラム

11 October 2018

ひとつの時計で色々なスタイルを楽しもう!

Rosemont

 

 今回のスペシャルコラム記事では、工具を使わずワンタッチでベルト交換ができるRosemont Nostalgia Collectionの使い回し方をご紹介いたします。同じ時計でもベルトを替えることで雰囲気は全然違うものに!同コレクションのなかでも特に人気のN011 seriesを使って、4つのスタイルをご提案します♪ぜひあなたもベルトをそろえて色々なコーディネートを楽しんで。
 

クラシカルなメッシュベルトできちんと感をプラス!

 23mm x 23mmの大き過ぎず小さ過ぎない絶妙なサイズ感が人気のRosemont Nostalgia N011 series。洗練されたスクエアケースにローマ数字文字盤またはアラビア数字文字盤が映える、大人可愛いモデルです。

 今回の記事では同シリーズのアンティークゴールドカラー x ローマ数字文字盤モデルのN011-YWRを使用。クラシカルなメッシュベルトを合わせると、ドレスアップスタイルをさらに格上げするリュクスな雰囲気に。編み目の細かいMT1ベルトは、きちんと感を演出しつつ女性らしい上品な輝きもプラスしてくれるので、スーツスタイルやモード系ファッションにもおすすめ。礼節を求められる場でも活躍するメッシュベルトは、必ずそろえておきたい定番ベルトのひとつですよね。

 

ブライトカラーのレザーベルトで手もとにワンポイントを!

 ホワイト系のトップスや白シャツスタイルに表情をプラスしたいときは、キレイめな明るいカラーのベルトを合わせてみてはいかが。ありきたりになりがちなシンプルスタイルも、手もとにワンポイントカラーを取り入れることでパッと華やかな印象に。

 「色が入っている小物アイテムを取り入れるのは苦手…!」という方には、ホワイトベルトやオフホワイトベルトがおすすめ。どんなスタイルにもさりげない抜け感を加えてくれる、使い勝手抜群のカラーです♪

 全体的な色合いが重くなりがちなこれからのシーズンでも、手もとに明るい色味を追加することでバランスのとれたコーディネートに。人の目線が集まる手もとだからこそ、動きを美しく引き立てるブライトカラーは欠かせません!

 

暖色系レザーベルトで気分も女っぷりもアップ!

 どんなスタイルにもマッチするブラウン系のレザーベルトも定番アイテムのひとつですよね。アンティーク調デザインにマッチするブラウン系ベルトは数多くそろえているので、「ブラウンベルトは私も持ってる!」という方は結構多いのでは?こっくり深みのあるブラウン、ファジーな色合いのサンドグレー、これからの季節活躍間違いなしなマロンなど、10種類近くのブラウンベルトをご用意しています♪

 柔らかな印象を与えてくれるブラウン系のレザーベルトは、女性らしいスタイルと相性が抜群!そんなフェミニンなコーディネートには、鮮やかなオレンジやレッドのベルトもばっちり合うんです♡ ブラウンベルトをお持ちの方は、気分も女っぷりも上がるビビッドな暖色系ベルトにこのシーズン挑戦してみてはいかが。

 

コーディネートを引き締める寒色系レザーベルト!

 カッコいい大人の女性を目指す方には、コーディネートを引き締める寒色系のレザーベルトがマスト。シックな装いを演出できるブラックベルトはもちろん、オシャレ度が高いダークグリーンやネイビーカラーのベルトもおすすめです。ブラックがメインのコーディネートなら、少し色味が入ったダークカラーを合わせて遊び心を入れてみて。グリーン系は穏やかな印象を、ブルー系は聡明さを、パープル系は高貴さをプラスしてくれます。

 いかがでしたでしょうか。ベルトを替えるだけで印象はだいぶ変わりますよね。ぜひ皆さんも自分に合うカラーをたくさん見つけて、毎日のコーディネートを楽しんでください!

ギャラリー

おすすめ
  • N011-YWR MT1

    アンティークゴールドカラー x ローマ数字文字盤モデル

    N011-YWR MT1

    詳細はこちら
  • N011-SWR EGY

    アンティークゴールドカラー x アラビア数字文字盤モデル

    N011-SWR EGY

    詳細はこちら
  • N011-YWA CWH

    シルバーカラー x ローマ数字文字盤モデル

    N011-YWA CWH

    詳細はこちら
  • N011-SWA ERD

    シルバーカラー x アラビア数字文字盤モデル

    N011-SWA ERD

    詳細はこちら
一覧へ戻る
Page Top